栄福記(国領駅@調布)

スポンサーリンク

どうも、チェロ蔵です。

今回のラーメンレビューは、国領駅にて「海鮮麻婆麺」を提供する『栄福記(エイフクキ)』さんです。
※ チェロ蔵的ラーメン嗜好はこちら

国領駅4件目のラーメンレビューとなるのは、こちら『栄福記』さん。
数年ほど前から調布に住んでいるチェロ蔵の記憶では、こちらの店舗ではすでに3回ほどラーメン店が入れ替わっています。国領駅にめちゃくちゃ近い好立地だと思うのですが、何故そんなに出入りが激しいのか謎…

このミステリーゾーンに丸腰のチェロ蔵が潜入です…(ぇ

店舗情報

店名:栄福記(エイフクキ) ※ 店舗HPはこちら
場所:国領駅を降りて狛江街道を右へ、すぐ右手にあります(徒歩1分)。

ラーメンレビュー

休日お昼(13:00)頃、真新しい『栄福記』さんの店舗前に佇むチェロ蔵。

(んー、そもそもここはラーメン屋なのか、それとも中華料理屋に含めるべきか…)、周囲の人からは全くどうでもいい疑問に頭を悩ませます。(汗

以前の『無双』さんは中華料理屋ですが、行きつけの美味しい担々麵のお店だったのでラーメン屋カテゴリーとしましたが、初見のこちらのお店はどう扱ったものか…

しかし、店舗外のポスターを見る限り、ラーメンとして相当自信をもっているとお見受けします…


ポスター

(まぁ、ラーメンカテゴリーでいいか…)といつものように適当的確に判断する私、店舗にIN。

カウンター5席程度に4人席が2つ、2人席が1つ、それからどうやら奥のスペースにもいくつか席があるようですが、そちらは覗かなかったので何席あるかわかりません…(笑)。先客は6名、厨房に店長とおぼしき男性店員さんが1名、アルバイト風の女性店員さん1名で切り盛りされておりました。

メニューを拝見、くだんの麻婆麺や担々麺を含む麺類の他、餃子、チャーハン、中華の一品料理と中華料理屋としてはメジャーどころを抑えているようです。まぁ、お店の一押しをいただくのがチェロ蔵の習わし(謎)ですので、迷わず「栄福海鮮麻婆麺」をチョイス。

辛さは3段階選べるようですが、以前の『たつみ』さんでどえらい目にあいましたので、大人しく「初級」にしようと女性店員さんを呼びます。店員さんにオーダーを出す瞬間、ふとメニューにテープが貼られていることに気づきます。そこには「甘口できます」の文字が…

エー、さらに下があんのん…、一瞬フリーズ…ま、まぁ初級で大丈夫でしょう、一応大人だし(汗。予定通り「栄福海鮮麻婆麺-初級(890円)」を注文。7、8分で着丼です。

栄福海鮮麻婆麺


栄福海鮮麻婆麺
栄福海鮮麻婆麺(890円)

ほう、これが海鮮麻婆麺か…どっぷりと麻婆がかけられていて麺が見えませんね。
では、スープを一口……………と思ったらスープがない…、まさかの汁なし系(笑)

気を取り直して麺をいただきます。スープがない影響もあって、麺リフトも一苦労、麻婆の重みで麺が重いのなんのって…。麺は一般的な中細麺です、一気にすすります。

まず肝心の麻婆、とろみは強め・味はかなりのサッパリ仕様です。辛さ初級というのもあるのでしょうが、塩のかどは丸くスパイスも抑え目、非常に優しい味付けです。具材は海鮮麻婆ということでイカ・エビ・ホタテ貝柱が入っておりました。麺は中細縮れ麺ですが加水率はやや高めのものを使用していると思われます。

チェロ蔵の勝手な好みですが、「汁なし」なのであれば、もう少し麻婆が強い方がいいのでは?と思います、インパクトに欠けるかなというのが正直な感想ですね。逆に言うと、さっぱりしたラーメンということで子供でも女性でも楽しめるラーメンともいえるかもしれません。

cello蔵的評価

★★★★★☆☆☆☆☆ :5点(標準は★5)

レビューの通り、パンチが足りないかなぁという印象、サッパリ系醤油ラーメン好きのチェロ蔵ですが、麻婆麺にはサッパリは求めてないので(笑)。
但し、海鮮系の具材はかなり入れられていましたし、最後まで飽きることなく食べさせていただきましたので、評価は★5とさせて頂きました。

さっぱりした汁なし系海鮮麻婆麺、あなたも食べてみてはいかがでしょうか。

発信した情報が小包(Parcel)として皆様のお手元に届き、お役立て頂けますように・・・ by Cello蔵

スポンサーリンク

シェアする