八海ラーメン(府中競馬正門前駅@府中)

スポンサーリンク

どうも、チェロ蔵です。

今回のラーメンレビューは、モンゴル岩塩を使ったまろやかな塩ラーメンを提供されている『八海ラーメン』さんです。
※ チェロ蔵的ラーメン嗜好はこちら



本日訪問する『八海ラーメン』さん……府中ではなかなかに有名なお店のようです。
チェロ蔵のバイブルである「府中・調布本」や「府中Walker」でも、「美味しい塩ラーメン」を提供するお店として紹介されております。

塩ラーメンか……改めてチェロ蔵のレビューを振り返ってみると、ほとんど食べてないんですよね…『らーめん赤坂屋』さんの塩豚骨くらいかな?お店のお勧め、もしく一番人気をいただくようにしているのですが、今まであんまり塩ラーメン押しのお店に出会わなかったということなんでしょうね…(汗

まぁ気を取り直して美味しい塩ラーメンを食べさせていただきましょう…(ジュルリ

店舗情報

店名
八海ラーメン ※ 公開HPなし
座席
8席程 ※カウンターのみ
営業時間
11:30~14:00
17:30~23:00
定休日
水曜日
場所
府中競馬正門前駅西側の路地を北上、突き当りの大通りに出たら右折、しばらく進むと右手に見えてきます。(徒歩5分程)
東京都府中市八幡町2-19-22

店舗の特徴と本日のレビュー対象

特徴
-塩ラーメン押し
-モンゴル岩塩使用
-定食メニューあり(肉野菜炒め、麻婆豆腐など)
-アルコール有り(日本酒、ビール)
-喫煙可
レビュー対象
しおチャーシューメン(810円)

ラーメンレビュー

平日19:00頃の訪問です。

いざ店舗前へ…
民家の1Fが店舗となっている同店……なんというか…ザ・中華料理屋さん、という出で立ちでして、「八海ラーメン」と書かれた黄色い軒先テントが懐かしさを醸し出していますな。ステンレスサッシのガラスドア6枚構成のシンプルな入り口でして中の様子がよく見渡せます。まぁなんというか…外から見てもすでにノスタルジック感満載です。

引き戸を開けて店内にIN…
目の前が厨房、その前に直列カウンター8席のみという小さな店舗です。内装も相当な年季を感じさせまして、薄汚れたピンク色の布が掛けられた丸イスなんかはもはやアンティーク(笑)。何故か客席側に大きな冷蔵庫が置かれています…スペースの問題なのでしょうね…(苦笑)。
先客は男性客1名、ご夫婦と思われる年配の男女各1名の店員さんにて切り盛りされております。

席に座りメニューを拝見…
基本的に塩・醤油の各種トッピング、それから担々麺やタンメン、五目冷やし中華などがありますね。それから焼きそばやチャーハン、定食メニュー、アルコールなども準備されております。壁のチラシにも「モンゴル岩塩を使った塩ラーメンがおすすめ」と書かれておりますゆえ、塩一択ではありますが、デフォルトラーメンが540円と格安……ついつい色気を出して「しおチャーシューメン(810円)」をチョイス、口頭でオーダーします。

待つこと5分ほどで着丼です。

しおチャーシューメン


しおチャーシューメン
しおチャーシューメン(810円)


オー…やっぱり塩ラーメンって綺麗だなぁ…(笑)
透明で綺麗なスープに刻みネギが浮いています。トッピングはメンマ、刻みキクラゲ、海苔、さやえんどう、それから肉々しいチャーシュー4枚という構成ですな。なんか、さやえんどうのトッピングって珍しくないですか?(ハテ


スープ


ウン…なかなかに透明度は良好ですっ!
一口いただきます……オォー、これは…塩角がとてもマイルド……非常に円やかな口当たりの塩スープですよ。鶏ガラベースの動物系が強調された旨みのあるスープ、ほんのりと魚介の下支えがあるように感じますね。モンゴル岩塩の塩だれの影響でしょうか…少し甘みも感じさせる上品な塩気です…決して派手さはないですが、非常にまとまった感じのさっぱりとした美味しい塩スープでございますな。


麺


王道中華麺という感じの中細縮れ麵ですね…少しモッチリ感を感じるもので、ちょい固めの茹で加減で提供されます。こちらも大きな特徴はないですが、逆にラーメンにまとまりを生んでいるように思いますね。


チャーシュー


結構歯ごたえのあるチャーシューですね。正直このスープには…もっと脂身のある柔らかいものがフィットするように思うのですが……まぁ私の好みの問題です(笑)。

cello蔵的評価

★★★★★★★☆☆☆ :7点(標準は★5)

ちょっと久々の塩ラーメン過ぎてですね…冷静に評価できているかどうか定かではないんですが(オィ)…このサッパリとした塩ラーメンは素直に美味しいと思いました、★7の評価とさせていただきます。
※ 今後塩ラーメンレビューが増えてきたら見直すかもしれません。

モンゴル岩塩を使ったまろやかな塩ラーメン、あなたも食べてみてはいかがでしょうか。

※ 京王線ラーメン投稿まとめページはこちら

発信した情報が小包(Parcel)として皆様のお手元に届き、お役立て頂けますように・・・ by Cello蔵