らいおん(調布駅@調布)

スポンサーリンク

どうも、チェロ蔵です。

今回のラーメンレビューは、調布&府中市のソウルフード店というべきお店、『らいおん』さんです。
※ チェロ蔵的ラーメン嗜好はこちら

ソウルフード…素敵な響きです(キュンキュン
こちらの『らいおん』さんは、地域密着型のB級グルメラーメンを提供するお店として、チェロ蔵が住む調布・府中界隈では有名なお店となります。

電通大学の学生さんを中心にかなりの人気を誇るお店でして、何故かわたしの会社の同僚でもこちらのお店を絶賛するもの多数…

今回は調布の迷誉市民(違)として『らいおん』さんに突撃であります!

店舗情報

店名:らいおん 調布店 ※ 調布ドットコム
場所:調布駅をでて北側旧甲州街道へ、天神通りに入り直進すると左手に見えてきます。(徒歩3分程)

ラーメンレビュー

休日の14:00頃の訪問。そこそこ賑わう調布のシンボル的な通り、「天神通り」を肩を切って進むチェロ蔵(笑)。

前述の通り、調布では結構有名なお店。なぜこのように有名なお店を今まで訪問しなかったのか?
…それは…雑誌写真で見たこちらのラーメンがあまり美味しそうに感じなかったから…(オイ

まぁ、見るからにジャンク感満載でしたので、正統派醤油好きのチェロ蔵の琴線に触れなかったのは事実です。(汗

しかしラーメンレビューを始めたからには、調布市民のソールフードに手を出さないわけにはいきますまいっ!
迷誉市民から名誉市民への階段を登るため、いざ!店頭へ向かいます。

外観は「らいおん」と書かれた白い提灯がかけられておりまして、これまた白い暖簾がかかっています。民家風の店舗ですが、いかにもラーメン屋といった出で立ちのお店です。
中に入ると結構混んでおりまして、4人席が2つ、10人程座れるカウンター席が全て満席、待ち客も4名いらっしゃいました。

とりあえず券売機へ。醤油・塩・味噌・つけ麺とひとしきり揃っていますね。
いつもの通り(適当に)、券売機の最上段にある醤油ラーメンをチョイス。

トッピングはと…「ノーマル」に「チャーシュー」、「もやし」、それから「らいおん」か…なるほど…

……ん、なんか今妙なものが…、再度確認。

「ノーマル」、「チャーシュー」、「もやし」、それから「らいおん」…
なんじゃこりゃ…

テンパるチェロ蔵、タイミングが悪いことに次のお客さんが入ってきて後ろに並びます。
(ここで引くわけにはいかない!(謎))、「らいおんらーめん(870円)」の食券を購入し、何食わぬ顔をして待ち客用のイスに座ります。

(「らいおん」ってなんだ…)と落ち着かずキョロキョロしていると壁の張り紙に説明文を発見、「らいおん(ねぎ)らーめん」だそうです…
ねぎらーめんでいいだろ…ゴラァッ!)という悪態はナイスミドルのチェロ蔵は決して発しません…

なんだかんだ10分ほど待った後に席へ呼ばれます。
食券を渡し5分程で着丼。(混んでるのに提供が早いところは好印象)

らいおんらーめん


らいおんらーめん
らいおんらーめん(870円)

きました、このジャンキーな感じ。(笑)

トッピングはチャーシュー、メンマ、コーン、海苔、そして、さらしネギを胡椒であえたものが中央に…これが「らいおん」か…
スープは典型的な豚骨醤油という印象、ひき肉が浮いております。

スープを一口、見た目ほど濃厚ではなくショウガが効いていますね。トッピングのさらしネ…ではなく「ライオン」を混ぜると胡椒の香りと味が混ざってスパイシーな感じに変化、こういうのもありだよね、という感じ。

続いて麺を、どうやら自家製のようで中太ストレート麺です。
んー、なんかこの中途半端な太さとモチモチした感じは好き嫌いが分かれそうな気はしますね…。なんというか…大げさに表現すると長崎ちゃんぽんのような麺というか…
チェロ蔵的にはあんまりスープとのフィット感も感じられず微妙かな…というのが率直なところでございました。

cello蔵的評価

★★★★★☆☆☆☆☆ :5点(標準は★5)

いろいろレビューしてきて今更ながら自分の好みがわかってまいりました。チェロ蔵、麺が合わないとダメみたい。(汗
スープは面白いものを感じましたし美味しく食させて頂きましたので、★5の評価とさせていただきます。
迷誉市民からの脱却はまだまだ遠そうです……

地域密着の少し変わった「らいおん(ネギ)らーめん」、あなたも食べてみてはいかがでしょうか。
※ 京王線ラーメン投稿まとめページはこちら

発信した情報が小包(Parcel)として皆様のお手元に届き、お役立て頂けますように・・・ by Cello蔵

スポンサーリンク

シェアする