レストランなかむら(仙川駅@調布)<洋食>

スポンサーリンク

どうも、チェロ蔵です。

調布・洋食屋レビュー、9件目の訪問店(最後?)は『レストランなかむら』さんです。

本日訪問させていただく洋食屋さんは……創業40年以上と言われる調布随一の老舗店である『レストランなかむら』さんです。
40年以上って…チェロ蔵が生まれる前から営業されているわけですからね…マジリスペクト!(古

何か秘訣があるんでしょうか…その謎に迫ってみましょう…

店舗情報

店名:レストランなかむら ※ ハーモニータウン仙川
場所:仙川駅をでて、仙川商店街メインストリートを南下、しばらく進むと左手に見えてきます。(徒歩5分程)

実食レポート

休日13:30頃、奥様と共に訪問です。

いざ店舗前へ…
仙川商店街メインストリートに店舗を構える同店…ちなみに以前訪問した『仙川洋しょく屋』さんの結構すぐ近くですね。
流石に老舗のお店とあって、なかなかに渋い出で立ち…少し古めの一軒家1F部分が店舗となっておりまして、くすんだ白い外壁、店舗上部の年季の入ったストライプ(茶・白)の模様が特徴的です。入口右手にはメニューの食品サンプルが飾られていまして、「昭和の風」を感じられますね。(謎)

開き戸を開けて店内にIN…
この古くて落ち着いた感じの店内…めっちゃノスタルジーを感じさせますな…。入って目の前にU字型のカウンター席、左右に4人席がいくつか並べられています、ちょっと珍しい配置ですね。先客は6名、アルバイト風の女性店員さんと年配ご夫婦の3名での切り盛りです。
なんかどなたかのサインが貼られていますね…相変わらずこの手のサインは誰のものか全くわからないです…(汗

カウンター席に座りメニューを拝見…
ランチメニューとして3種類準備されているようです

 ・A【ハンバーグ・コロッケ・玉子】(880円)
 ・B【ハンバーグ・ハム・玉子】(880円)
 ・C【魚フライ・コロッケ・玉子】(950円)

その他「ハムエッグ」、「鶏のから揚げ」、「ミックスフライ」など、洋食屋というよりは街の食堂といった感じの品ぞろえ、お値段はおおむね1000円前後といった価格帯ですね。
とりあえず、Aセット(880円)とハムベーコンエッグ(950円)チョイスし口頭オーダー。

待つこと10分程で配膳です。

Aセット


Aセット
Aセット
Aセット【ハンバーグ・コロッケ・玉子】(880円)


オロッ…お味噌汁付きですね(笑)
イタリアン系ドレッシングがかかったサラダに、メニュー通りにハンバーグ、コロッケ、玉子の組み合わせ…なんか子供の頃に食べてたお子様ランチを更に上質にしたような…そんな懐かしい感じ…

まず、勝手に指名した主役のハンバーグ…トマト強調型のトマトデミグラスといった面持ちのソースにドップリ浸かっています。ハンバーグ自体は薄い円盤型、ひき肉がホロホロと崩れるくらい柔らかめのタイプですね。
お肉の食感がダイレクトに伝わるような感じで、誤解を恐れずに言えば…家庭ハンバーグの延長上にあるような、そういう親しみのある美味しさを感じさせるタイプです。

次にコロッケ……野菜コロッケ(?)っぽい感じのものです。配膳時にはすでに冷えていて、お店で揚げたものかどうかはわからなかったですな。お惣菜屋さんで買ってきたものを添えています、と言われても驚かないような…そんなテイスト(苦笑)

玉子はあれです…普通の玉子ですっ!(キリッ
ただこれ…あえてグシャっと潰していますね…チェロ蔵夫妻のみへの嫌がらせでないことを祈ります…(ぇ

ハムベーコンエッグ


ハムベーコンエッグ
ハムベーコンエッグ(950円)


アー…イイ……男子がときめくやつですな…(ジュルリ
なんというか…こちらのハムベーコン…食べても食べても出てきますよ(笑)。めっちゃどっさり入っていて嬉しい限りでございます。意外と塩分濃度が抑え目で上品な旨みを感じるハムベーコンです。どっちかというとこちらの料理の方がお勧めですかね。

ちなみに…こちらのお味噌汁…めっちゃお出汁が効いていて美味しい…こういうところにも力を入れていらっしゃるのはうれしいですね。

cello蔵的評価

美味しさ
★★★★★★☆☆☆☆(★6)
コスト
★★★☆☆(★3)
ボリューム
★★★☆☆(★3)
提供時間
★★★☆☆(★3)

※ 「美味しさ」は★10評価(標準★5)、それ以外は★5評価(標準★3)

お味は上々、そして何より…老舗洋食屋さんのノスタルジックな雰囲気がスパイスとなってお料理を更に美味しくさせている感じでございます、★6の評価とさせていただきました。

ノスタルジックな雰囲気でいただく美味しい洋食、あなたも食べてみてはいかがでしょうか。

発信した情報が小包(Parcel)として皆様のお手元に届き、お役立て頂けますように・・・ by Cello蔵

スポンサーリンク

シェアする