たつみ(調布駅@調布)

スポンサーリンク

どうも、チェロ蔵です。
今回のラーメンレビューは、インパクトのあるラーメンを提供する『たつみ』さんです。
※ チェロ蔵的ラーメン嗜好はこちら

調布市は現在、「第3回Oh!!辛チャレンジ」が絶賛開催中です。
今回ご紹介する『たつみ』さんは、このイベントの参加店。どうも第2回にも参加されていた模様ですが、辛いラーメンの提供に思い入れがあるのでしょうね(笑)。少し立地は駅から遠めとなりますが、調布市でもかなり人気のラーメン店のようです。

店舗情報

店名:たつみ ※調布ドットコム
場所:調布駅を降りて旧甲州街道を左折、しばし直進した後、最初の右手路地に入ってさらに進むと右手に店舗が見えてきます(徒歩8分程)

ラーメンレビュー

週末のお昼、12:00頃の訪問です。実はチェロ蔵、こちらのお店に来る前にずいぶん悩みました。確か2016年の「ラーメンWarker(武蔵野・多摩)」で紹介されていたのですが、その際は「鰹ラー油の辛いらーめん」がのっていたのです。でもお店HPを拝見すると「わんたんめん」が人気と書いてある…しかも某グルメサイトでは「つけめん」押しだったり…

んもぅっ!なに!一体どのラーメンがこの店の王道なのよっ!(ツンツン

とりあえずお店についてから雰囲気で決めようとあいかわらず適当なチェロ蔵(笑)。
店舗の前まで来ますと、でかでかと「第3回Oh!!辛チャレンジ」のポスターが。そして「鰹(かつお)ラー油の辛いらーめん」のアピールポスターも貼ってあります。
【注】・・・第3回にエントリーされているラーメンは「和えそば」です。「ラー油の辛いらーめん」は第2回にエントリーされていたものらしいです。

(ここまでアピールされたら、これ食うしかねぇなぁ…)心が決まって店内にIN。逆L字のカウンター席のみの店内に先客は5名、店主と奥様の二人で切り盛りされていらっしゃいました。券売機がなく口頭での注文、「鰹ラー油の辛いらーめん」は1・2辛が800円、3・4辛が850円となります。わたくし大人なので1辛はないだろうと2辛でお願いしました。10分程で着丼です。

鰹ラー油の辛いらーめん


鰹ラー油の辛いらーめん
鰹ラー油の辛いらーめん(800円)


ほほー、魚介系のいい香りがしますねー、もちろんラー油のツーンとした香りも主張しています。トッピングはメンマ、チャーシュー、海苔、それから昔ながらのナルトですね。

スープを一口、うん!魚介系で結構濃いめの美味しいお出………って、辛っ!!!かなり辛い!!!(泣。そんなに辛いものは苦手じゃないのですが、久々に辛い物を食べたからでしょうか、チェロ蔵にはちょっと辛すぎました…1辛にすればよかったな…ちょっと舌をヒリヒリさせながら食べ進めます。

しかし、麺は非常に美味しいです、中太の平打ち麺ですね、更に手もみだとか。スープも潜在能力を十分に感じさせるお出汁でして、まさに旨辛ラーメンです。

cello蔵的評価

★★★★★★☆☆☆☆ :6点(標準は★5)

正直に申しまして…わんたんめんにすればよかった、というのが本音です(笑)。魚介醤油スープであの手もみ平打ち麺を食べたらもっと美味しいんだろうなぁ、と思わず妄想してしまいます…再訪することをお約束しまして今回の評価は★6とさせていただきます。

手もみ平打ち麺と旨辛スープのハーモニー、あなたも食べてみてはいかがでしょうか。

発信した情報が小包(Parcel)として皆様のお手元に届き、お役立て頂けますように・・・ by Cello蔵

スポンサーリンク

シェアする