つけめん TETSU(調布駅@調布)

スポンサーリンク

どうも、チェロ蔵です。
今回のラーメンレビューは、つけ麺の名店『つけめん TETSU』さんです。
※ チェロ蔵的ラーメン嗜好はこちら

(勝手に命名した)調布ラーメンストリート最後の大物ラーメン店、それが今回訪問させていただいた『つけめんTETSU』さんになります。元々は2005年から千駄木で営業されているようですね。あの有名な『TETSU』さんが調布に上陸とは、わが街も有名になったものです(違。

店舗情報

店名:つけめん TETSU 調布店 ※店舗HPはこちら
場所:調布駅を降りて新宿方向へ少し進みミニストップの路地を左折、たけにぼラーメン店さんを少し通り過ぎ左手にみえます(徒歩4分程)

ラーメンレビュー

いつものように15:00頃の突撃です。
実は前日、正々堂々とお昼頃に伺ったところ、6人位店舗前に並んでおりまして…寒い中待つのも苦痛でしたからパルコの『さぼてん』さんで昼食を食べたてしまうという、そんなおちゃめなチェロ蔵です(ぇ。

こちらは店外に券売機があるのですね。まぁつけ麺で有名なお店ですから、迷いもなく「つけめん(800円)」の食券を購入、なんとなくトッピングの「ネギ(150円)」も購入、入店です。
店内は真っ直ぐ伸びたカウンター席に10名ほどと、その奥にテーブル席(6名掛け?)が2つ用意されております。テーブル席は2つとも埋まっていて、カウンターには3名の先客がいらっしゃいました。15:00でもそれなりに混んでいますね。空いているカウンター席に着席。

店員さんがいらっしゃったので「大盛」をお願いしました。この手のお店は大盛・特盛まで無料というケースが多くて大食漢にはうれしいですね。電通大の学生さんはさぞかし大喜びでしょう。

つけ麺&極太麺での提供ということで、さすがにゆで時間がかかるのでしょう、待つこと15分程で「お待たせしました」の店員さんの声とともに着丼です。

つけめん


つけめん
つけめん(800円)+ ネギ(150円)


うん、この麺のビジュアルは「いい!」の一言ですね、見るからに上手そうです。

スープはプーンと魚介の香り、最近よくある魚介と豚骨のWスープでしょう。とりあえずスープを一口、濃厚さ・舌触り・魚介の香りが鼻に抜ける感じとかなりいい感じです、が…甘みが強いなぁ…。まぁつけ麺であればチェロ蔵的には一応許容範囲です。

(中華そばにしなくてよかった)と心の中で失礼なことを考えながら、ネギを投入、麺を食します。麺の茹で加減もよく、もちもちしております。小麦の味を堪能しながらもぺろりと完食させて頂きました。

こちらのお店、カウンターに割スープが用意されておりますので、こちらを足して再度スープをいただきます…それでもまだ甘い(笑)。

cello蔵的評価

★★★★★★☆☆☆☆ :6点(標準は★5)

つけ麺として有名なお店だけあって非常にクオリティは高いと感じましたし、美味しく食させていただきました。但し、類似のつけ麺店さんがかなりたくさんありますので、味の新鮮さにはどうしても欠けてしまいますね…。つけ麺については甘目のスープも許容範囲のチェロ蔵、でもやっぱり甘くない方が好みです!評価は★6とさせていただきます。

つけ麺の名店が提供する王道つけ麺、あなたも食べてみてはいかがでしょうか。

発信した情報が小包(Parcel)として皆様のお手元に届き、お役立て頂けますように・・・ by Cello蔵

スポンサーリンク

シェアする