人気のくつろげるお宿・ホテル瑞鳳さんに宿泊!(秋保温泉@宮城県仙台市)

スポンサーリンク

どうも、チェロ蔵です。ダラダラ温泉旅行漫遊記・秋保温泉編 – パート2。

今回宿泊させていただいたのは『ホテル 瑞鳳』さん、その魅力をお伝えします。

旅館情報

こちらのホテル、仙台では相当有名なホテルのようでして、いわゆる大規模温泉旅館ってやつですね。

旅館名:ホテル 瑞鳳 ※公式HPはこちら
客 室:118室
駐車場:約300台完備 ※仙台駅からの送迎バス有
温 泉:6種類の露店風呂・大浴場・ジャグジー・サウナ
その他:室内プール・エステサロン・お土産屋・カラオケルーム等

まぁ、これまでいろいろ宿泊させて頂きましたがね…、トップレベルの大きさでしたわ…

いざっ!チェックイン

送迎バスで到着したチェロ蔵一行、入り口で従業員さん達に深々とお辞儀されながらロビーへ向かいます。


入口
入口
まぁ、流石に送迎バス到着時はフロントが混んでいます。

こちらのホテルは一組ごとに案内の従業員さんがつくので、他のお客さんの案内が終わるまで少し待つことに。その間、チェロ蔵は勝手にホテル内を散策!(落ち着きなさいと奥様に怒られながら・・・(泣))


ホテル内の小川

川が流れとる…


人口滝

滝から水が…


人口池と鯉

鯉がそよいどる…


甲冑

もしかして伊達君?…あなた、政宗君よね?(ひとり小芝居

なんかいちいち豪華というかなんというか…、小市民のチェロ蔵一行は恐縮です…

いざっ!お部屋へ

名前を呼ばれてフロントに向かうと案内のお兄さんが荷物をもってくれて、「こちらへどうぞ」と案内してくれます。

部屋への道すがら、とても雰囲気のある光景があったので、案内のお兄さんにことわってパシャリ。


ロビー風景

なんかサスペンスドラマに出てきそうですね。(ドキドキ
※ 帰ってから調べたのですが、ほんとにサスペンスドラマで使われているとか…「スタッフさんのブログ」に書いてありました。片平なぎさに会いたいです…(ゲス顔)

そんなこんなでお部屋に到着。
案内のお兄さんが室内設備の使い方等、非常に丁寧に説明してくださいました。この方に限らず、従業員のどの方も非常に礼儀正しく好感がもてました。「イイね」をそっと心の中でクリックするチェロ蔵…

こちらが本日宿泊するお部屋です。


お部屋
洋室ツイン(シモンズベット)
よい感じだ…心の中でそっと「イイね(ry

いざっ!温泉へ

写真がとれなくて残念ですが、大浴場が本当にBig浴場でして、でかい(驚。

効能は以下の通りだそうです。

神経痛/筋肉痛/関節痛/五十肩/運動麻痺/関節のこわばり/うちみ/くじき/慢性消化器病
痔疾/冷え性/病後回復期/疲労回復/健康増進/きりきず/やけど/慢性皮膚病/虚弱児童
慢性婦人病

引用 – ホテル瑞鳳公式HP

やっぱり寒い時期の露店風呂は最高ですねー、半身浴なんかしてると一生入っていられそうな気がします。

いざっ!ディナーへ

ディナー会場へ向かいますが、ここも無駄にでかい…
※ 「でかい」しか言ってないですね…(汗

こちらのホテルのディナーはビュッフェ形式となっています。季節によって内容は変わるようですが、チェロ蔵が行ったときは「カニ・牛タン食べ放題」でした。

品数はかなり豊富に用意されています。
ちなみに、以下のメニューは専属シェフさんがついて出来立てを提供してくれますよ。

・お寿司
・天ぷら
・ブリしゃぶ
・ローストビーフ
・牛タン
・麺類(ソバ・ラーメン等)

チェロ蔵、第1回指名選手はこちらっ!


dinner
ちょこちょこ、いろいろとってみました。


牛タン
こちら牛タン。(ペラペラなのかな?)と思っていましたが、結構肉厚で食べごたえがあり、とても美味しかったです。6皿くらい食べたかな…


カニ
こちらカニ。仙台ってカニが有名なのでしょうか?これくらいの分量を5皿くらい食べたかな…

まぁ、上記以外もいろいろ、いろいろ食べました。


デザート
デザートもしっかりいただき、ディナー会場を後に…、お腹がパンパン過ぎて苦行に近かった…(汗
マッサージ師さんをお部屋に呼んで60分のマッサージを受け、ぐっすり眠りにおちるのでした…zzz

朝がきた


朝日
朝日がまぶしい…
朝風呂ですっきりした後で、モーニングブッフェ。


モーニング
右上のオムレツ、今どき当たり前になってきましたが、専任シェフさんがつくってくれます。トッピングが選べまして、チェロ蔵は「チーズ&ベーコン」にしました、美味しかったですよ(喜。


牛タンカレー
牛タンカレー、牛タンがとろけるようでした。が、チェロ蔵はやっぱり焼きの方が好きかなっ!

いざっ!家路へ

いやー、こころが洗われるようなひとときを過ごさせて頂きました。やっぱり年に2、3回はこうやってリフレッシュしたいものですね。


ずんだ
皆様も是非旅行に、そして秋保温泉にお越しくださいませ。



発信した情報が小包(Parcel)として皆様のお手元に届き、お役立て頂けますように・・・ by Cello蔵

スポンサーリンク

シェアする