名作『雪国』の舞台となった越後湯沢温泉を夏休みに満喫っ!(越後湯沢温泉@新潟県)

スポンサーリンク

どうも、チェロ蔵です。

皆様、夏休みはとられましたでしょうか?
激務続行中のチェロ蔵、なんとか3日間の夏休みを確保…帰省ラッシュで激混みの中、無謀にもブログも書かずに温泉旅行にいってまいりました。

今回は温泉地漫遊記の第三回目として、新潟県南魚沼郡の湯沢町(越後湯沢駅周辺)のご報告です。



湯沢町(越後湯沢)とは?

かの有名な文豪・川端康成の代表作『雪国』……読んだことはなくとも、知っている人は多いでしょう。そして冒頭の有名な一説…
 「国境の長いトンネルと抜けると雪国であった

実はこの舞台となったのが今回訪れた湯沢町でして、新潟南部…群馬県との県境に位置する町となります。『雪国』の舞台となったとおり、結構な豪雪地帯に当たる場所でして、岩原・ガーラ湯沢・苗場と有名なスキー場もございます。

皆様もご存知の通り(?)、チェロ蔵は北陸(石川県)出身です。都内へのアクセスの際、今でこそ北陸新幹線を利用しますが、それ以前は特急電車に乗ってこの越後湯沢駅を経由し新幹線に乗り換えるのが一般的なアクセス方法でございました。川端康成の一説の通り、「トンネルを抜けた先…急に広がる真っ白な銀世界」という光景を何度かみたことがございます…(イイデショ
私にとっては結構身近な土地柄…しかしながら如何せん乗り換えでしか利用したことはないんですけどね(汗)

お盆休み直前(…というか前日…(汗))に宿泊先を探すという暴挙冒険をしたため、有名どころの温泉街は超高級温泉宿しか空きはなく…そんな中、こちらの越後湯沢温泉で手頃なお宿を見つけたことで、念願の訪問ということに相成りました。

越後湯沢駅に到着っ!

東京駅から越後湯沢駅まで新幹線に乗って80分程…都内から箱根湯本までと電車乗車時間的には遜色ない感じですから、結構気軽に来られる温泉地と言えるかと思います。ウインタースポーツをする場所というイメージが強くて、あまり温泉地として認知されていないかもですけどね(笑)。
越後湯沢駅に16:00頃に到着、一旦駅の外に出てみます。


越後湯沢駅
越後湯沢駅

国境の長いトンネルと抜けるとそこは…


越後湯沢の空
越後湯沢の空


曇天でした(涙目

いや…別にいいけどね…今回は2泊3日の旅行、今日はご飯食って寝るだけなんで、明日晴れてくれれば御の字ですから…

越後湯沢駅の構内を探索っ!

改札口正面に展開されているのは「CoCoLo湯沢&がんぎどおり」という名の商業施設ですね。2012年にリニューアルされたようでして、なかなか華やか&綺麗なスペースでございます。


CoCoLo湯沢
構内マップ ※見辛くてスミマセン

奥行50m程の「中央いちば」なるお土産スペースには、新潟を代表するお土産類がわんさか置かれ、観光客達を魅了しております。それから向かって左手の「食べ歩き横丁」には、新潟ラーメン・へぎそば・回転寿司・丼もの(魚沼産コシヒカリ)などの新潟グルメ店が立ち並んでおりまして、(あぁ…もうダイエットなんてどうでもいい…)…そう思わせてくれますね…@q@

更に奥に進みますと…


CoCoLo湯沢
ぽんしゅ館
ぽんしゅ館


こ、これは…酒飲みたちのオアシスがががががっ!「ぽんしゅ館」なる施設のようです。


ぽんしゅ館


床に酔っ払い人形が寝そべっています…これは…注意喚起なんでしょうか?……あるいは…奨励してる?(ぇ

まぁ、米・水がおいしい新潟ですからね…日本酒を飲むだけでも来たかいがあったというものでしょうか…下戸のチェロ蔵にとってはなんの感慨もわきませんがね…(チョ
さらに奥に進むと「入浴施設」も備わっていますね。新幹線の乗り換え時にひとっ風呂浴びるとか……なんかいいですね…(羨望

この後、軽く夕食を頂いてホテルに向かいました。
※グルメレビューはまた後日…

本日のお宿【ホテル スポーリア湯沢】

直前予約で運良く(?)見つけたのが、本日宿泊させて頂くお宿『ホテル スポーリア湯沢』さんです。何故このお盆休み時期に4部屋も空いていたのかは問いますまい…


ホテル スポーリア湯沢
ホテル スポーリア湯沢

施設情報

ホテル名
ホテル スポーリア湯沢 ※ 公開HP
総部屋数
210室 ※ツイン・トリプル・和洋室
チェックイン
15:00
チェックアウト
11:00
駐車場
100台完備
温泉
内湯・サウナ・屋上展望露天風呂
その他
お土産屋・カラオケサロン等
場所
越後湯沢駅駅を出て線路沿いを南下、歩くこと5分程で左手に見えてきます
新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢1920-1

越後湯沢温泉の効能

効能は以下の通りだそうです。

筋肉痛・神経痛・五十肩・運動麻痺うちみ・くじき・関節のこわばり・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進

引用 – ホテル スポーリア湯沢公式HP

ホテルの感想

流石に混雑していたこともあり、館内撮影は自粛させて頂きました…

結構空室があったのでどんなところか心配していましたが…イヤイヤ、なかなかに良いお宿ですね。館内設備は少し古い感じは致しますが、スタッフさんがめっちゃアットホーム&親切でホッコリさせられます…少し年配のスタッフさんが多かった印象ですね。ツインのお部屋も非常に広くてゆっくり過ごすことができました。

それから、同ホテルが売りにしている「屋上展望露天風呂」…これも大変気持ちよかったです。しかし…これはあれだね…露天風呂には全く屋根がないので、(夏場の)晴天時なんかはどえらいことになりそうです…この時ばかりは曇天に感謝っ!(笑)

ホテルが気になる方はこちらの詳細情報をどうぞ…



翌朝を迎え…

まずは一泊…翌日の朝食ですな…中年のチェロ蔵、朝は控えめに…


朝食
控えめな朝食

…朝は控えめに?


朝食
控えめ(?)な朝食

2日目は越後湯沢駅周辺を散策です…が、これはまた次回のブログで……こうご期待っ!

発信した情報が小包(Parcel)として皆様のお手元に届き、お役立て頂けますように・・・ by Cello蔵

スポンサーリンク

シェアする